入会案内 セキュリティポリシー リンク お問い合せ ENGLISH

文化庁『文化芸術活動における契約関係についてのアンケート』について


      『文化芸術活動における契約関係についてのアンケート』

この度、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会(芸団協事務局)より
文化庁の『文化芸術活動における契約関係についてのアンケート』の情報を頂きました。

 アンケートの目的は、現在文化庁で「文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けた
検討会議」を設置し、文化芸術の担い手である芸術家等が安心・安全な環境で業務に
従事できるよう、適正な契約関係の構築に向けた検討を進めており、議論の参考とする
ため実態を把握し、今後の施策等に活用することです。

下記の内容をご覧いただきまして、アンケートのご協力をよろしくお願いいたします。

                                  本部事務局
                                    
【期 間】:12月27日(月)23:59まで

【内 容】:契約関係において生じている課題・問題点や契約に関する実態など

【対象者】:文化芸術分野において、個人で活動している芸術家等

※「文化芸術活動」とは,ここでは文学,音楽,演劇,舞踊,美術,写真,デザイ
ン,映画,マンガ,アニメーション,伝統芸能,大衆芸能,生活文化・国民娯楽など
の分野における活動をいいます。

※「個人で活動している」とは,個人事業主やいわゆるフリーランスとして仕事をさ
れる方をいいます。(アルバイトやパートを含む雇用契約の下で働く方は除きま
す。)

※「芸術家等」とは,文化芸術基本法第16条に定める以下の方をいいます。

 @文化芸術に関する創造的活動を行う者

 A伝統芸能の伝承者

 B文化財等の保存及び活用に関する専門的知識及び技能を有する者

 C文化芸術活動に関する企画又は制作を行う者

 D文化芸術活動に関する技術者

 E文化施設の管理及び運営を行う者

 Fその他の文化芸術を担う者


<回答ページ>
https://pf.mext.go.jp/admission/page-28161.html

<担当>
文化庁文化経済・国際課 文化芸術活動基盤強化室

電話:03−5253−4111(内線:3120)

※受付時間:10:00〜18:00



ページの先頭へ